トピックス

★27年度会員募集!◆健康教育スキルアップ研究会

更新日 : 2015/4/23

最近、仕事を楽しくしていますか

参加者に喜ばれる健康教育ができている実感はありますか?

マンネリではない、魅力的な健康教育をしていますか

 

「健康教育スキルアップ研究会」では、お互いが抱えている課題を出し合い、考え、情報交換し、スキルを磨き合う場だけでなく、保健師等の専門職がよりイキイキと現場で活動できることを目指します。

 

 

平成27年度 研究会の日程・テーマ

時間は毎回10時~12時 319日のみ13時半~16時半

 

第31回2015/5/23(土)「伝わる!心に響く!健康教育の企画と実践」

講師:加倉井さおり(㈱ウェルネスライフサポート研究所 代表取締役・保健師)

 

第32回 2015/7/18(土)「草の根活動から見えてくる禁煙推進のヒント」

講師 鈴木隆宏氏(ちょうふタバコ対策ネットワーク副代表)

 

第33回 2015/9/26(土)「働く場を最高の居場所にするために」

講師 NPO はたらく場研究所 代表 中島崇学氏

 

第34回 2015/11/21(土)「職域を超えた健康教育の事例発表①」(高齢期・母子)

発表者 森綾子さん(JAさがみ)橋本桂子さん(湯河原町)

 

第35回 2016/1/23(土)「職域を超えた健康教育の事例発表②」(新入社員への健康教育)

発表者 依田直美さん(㈱アマダ)中谷芳歌さん(メタウォーター㈱)

 

第36回 2016/3/19(土)拡大版「現場で輝くためのキャリアアップとは

         ~様々な分野で働くプロフェッショナルたちから学ぶ」

講師 (株)ウェルネスライフサポート研究所 代表 加倉井 さおり 他パネリスト

 

<対象>保健師・看護師の他、地域・企業・学校・健康保険組合などで健康教育や保健・医療・福祉活動に従事し、また関心のある方(事務職・学生の方も歓迎します。)

 

<場所>

5・7・9月  ウィリング横浜 研修室(京急・市営地下鉄「上大岡駅」直結)

11・1・3月 六本木セミナールーム(溜池山王駅・六本木1丁目徒歩5分)

 

<定員>各回30名(事前申込み先着順)※会員優先受付となります。

【会員制度のご案内】

◆正会員  入会金:5000円 年会費:25000円 研究会参加料:無料/回

◆準会員  入会金:5000円 年会費:10000円 研究会参加料:3500円/回

◆法人会員 入会金:5000円 年会費:50000円 研究会に3名まで無料参加/回

◆学生会員 入会金:5000円 年会費:5000円 研究会参加料:1000円/回

◆会員以外の方は、毎回の参加料は5000円となります。

※入会期間は年度単位となります。(4月~翌年3月までの1年間)

※途中退会の場合、年会費の返金はできませんので予めご了承ください。

(会員特典は途中退会でも入会年度の1年間は有効です。)

4月30日までの御入会は入会金免除の特典があります。

【会員の特典】

1)欠席分の資料をお送りします。

2)月1回のメルマガの発行で情報提供し、優先申込みができます。

3)一部セミナー等には割引での参加ができます。

4)個別コンサルティング(健康教育の企画や指導案、話し方、チラシ添削など)を会員限定で申し込みできます。※有料

5)会員限定のランチ会、交流会などの企画に参加できます。

6)加倉井の講演・研修の聴講可能(相手先の許可とれたものに限る)また会員同士での健康教育実施場面の聴講などのコーディネートをします。

7)会員のメーリングリストでのコミュニティに参加できます。

8)法人会員は、保健事業コンサルティングや講演・研修講師料金の割引制度を利用できます。

※このほか、いずれの会員も年1回メール相談が無料で利用できます。

【参加者の声】

◆いつも研究会に参加すると元気が出て、モチベーションが上がります。研究会を通してなりたい自分、保健師になれるように頑張って行きたいと思います。

◆他の職場、職域の方と話す機会ができ、今後も情報交換ができたら面白いと思います。

◆なかなか行政の研修では受けられない学習だったと思います。

◆本当に貴重な体験でした。自身を振り返り、強みも弱さも発見できました。

◆初めて参加させていただきましたが、あっという間でした。 加倉井先生のお話の仕方がまさに今日のテーマ「人を惹き付ける話し方」で、楽しさや想いが伝わってきて、具体的にこのように話したいと思いました。 

 

【添付資料】 アイコン又は、テキスト部分をクリックして、資料閲覧及び印刷を行ってください。

H27年度研究会チラシ


<< 先頭の記事へ < 1つ新しい記事へ 1つ古い記事へ > 最終の記事へ >>

< 一覧へ戻る